赤ちゃんの水分補給のポイント

水分補給の重要性、水分補給のポイント

人の体は約70%が水分でできているとされていますが、赤ちゃんの場合はさらにその割合が高くなります。
赤ちゃんの時期は水分が占める割合は約80%にもおよぶとされており、そのため体から水分が不足をしてしまうと健康を害する原因になってしまうのです。

赤ちゃんは体の代謝がよいことから非常に多くの汗をかき、また腎機能が未発達であるため、多くの量の尿が排出されてしまいます。
大人に比べて脱水症状を起こしやすいので、特に暑い季節にはこまめに水分補給をしてあげるようにしましょう。

赤ちゃんの食事は母乳またはミルクという液体であることから、水などを別に飲む必要はないのではないかと思ってしまいます。
ですが食事とは別に水分が必要になるタイミングがありますので、水分が不足しがちな日常生活のシーンで与えてあげるようにしてください。

赤ちゃんは自分で意思表示をすることができないことに加え、喉の渇きに関しては比較的鈍感です。
お腹が空いたときには泣いておっぱいを飲みたいと訴えますが、水に関してはそれを原因に大泣きするということはまずありませんので、保護者の側で水分補給をしてあげる必要があります。

子供に与える水分としては、内臓に負担をかけにくい浸透圧に近いものを選ぶようにしましょう。
ベビー用品店などに行くと赤ちゃん向けの飲料がいくつか販売されているので、そちらから選ぶのが無難です。

特に注意をしたいのがコーヒーや紅茶などのカフェインが含まれるものや、清涼飲料水として販売されている糖分の多いものです。
基本的に大人用として販売されている飲料は危険であるので、外出時にはきちんと専用の物を持ち歩くようにしてください。

飲み方のトレーニング方法

赤ちゃんの水分補給は、小さいうちは哺乳瓶でミルクと同じように与えればよいでしょう。
ただ哺乳瓶に余裕がない場合や消毒が間に合わないときのために、手軽に洗うことができる水分用のコップを用意しておく方がよいでしょう。

赤ちゃん用のコップは持ち手がついており、哺乳瓶同様乳首がついています。
飲む時にはミルクと同じように抱きかかえて飲ませるのですが、最初のうちは味に慣れていないことから上手く飲めないこともあります。

ポイントはいきなりたくさんの量を飲ませようとするのではなく、まずは口にふくませる程度の量から飲めるようにしていくということです。
おすわりなどができるようになってきたら、哺乳瓶ではなくストローなどを使って飲めるように練習していきます。

ストローを吸うという動作は慣れないうちは難しいので、いきなり試すのではなくまずは大人がついて一緒に練習をさせてあげるようにしましょう。