妊娠中にシミやそばかすができた時の対処方法

KE006_72Aqwe

妊娠中もキレイでいたい!

今まではキレイな肌だったのに、妊娠した途端にシミやそばかすができてブサイクになってしまった!と焦りを感じている方も多いですが、妊娠中にシミやそばかすができた時の対処法を知っておくと安心できます。
妊娠中でもキレイな女性であり続けるための方法を知っておくと焦らずにプレママライフを満喫できます。

妊娠中にシミができる理由

シミやそばかすができる原因は、肌内部に存在しているメラニンという色素が大きな影響を与えています。
肌を構成している表皮という部分に存在するメラノサイトが「何か」の原因で刺激を受けることでメラニンを生成するように司令を出すため、シミができるという仕組みになっています。

メラニン色素を発生させる原因になるメラノサイトに影響する「何か」とは、一般的には紫外線が有名です。
屋外で長時間過ごしている時に紫外線の影響を受けてシミができやすくなるという話はとても有名なので、しっかりUVケアすることが重要だと言われています。
この他にもニキビや虫刺されなどによる皮膚の炎症やストレスや喫煙などによって発生する活性酸素が影響している場合もあります。

妊娠中はこれらの原因に心当たりがないのにシミができるというケースも多いです。
実は、妊娠中に体内で起こる異変がシミをできやすくする原因になるとも言われています。
その原因がホルモンで、女性ホルモンが活発に分泌されることでメラノサイトに刺激を与えてしまい、メラニン色素を生む原因になります。
妊娠中に発生するシミは妊娠性肝斑と呼ばれています。

あまり心配する必要はない?

妊娠中に発生する妊娠性肝斑は、ホルモンバランスが変わることで起こる症状なので過剰に心配する必要はないと言われています。
出産後にホルモンバランスが少しずつ妊娠前の状態に戻ってくると、自然にシミが薄くなってくると言われています。

しかし、きちんとスキンケアを続けていなければ消えやすいと言われている妊娠性肝斑でもそのまま残ってしまう可能性が高いです。
特に外出時にはしっかりUVケアをしていなければ妊娠性肝斑が濃いシミになって残ってしまう可能性が高くなります。

外出時には紫外線カット機能がある日焼け止めクリームを塗って、帽子や日傘などを使用して極力紫外線の影響を受けないようにしてください。
帰宅後はメイクをしっかり落として保湿ケアを行いましょう。
適度な潤いを維持できていれば紫外線によるダメージを受けても回復しやすいものですが、潤いが失われて乾燥すると更にダメージを受けてシミができやすくなる原因になります。

既に出来たシミを薄くするためにはハイドロキノンなどの美白作用をもたらす化粧品を使用したり、ビタミンCを多く含む食品を摂取するようにするのが効果的です。