妊娠中に摂取しておきたい食べ物

赤ちゃんのためにしっかり栄養補給

元気な赤ちゃんを出産するためには、しっかり栄養補給をしなければいけません。
栄養バランスを考えた食生活を意識したいものですが、具体的にどのような食生活にするべきかを確認しておきましょう。

積極的に食べたい物

妊娠中に摂取しておきたい食べ物としておすすめなのが、葉酸を多く含む食材です。
葉酸は妊娠初期には特に必要とされる栄養素で、赤ちゃんの脳を発達させるために役立つ栄養素になります。
葉酸を多く含む食材としてはレバーや小松菜、ブロッコリー、アボカドなどがあります。
これらの食材を積極的に食べるだけでなく、サプリメントから補給する方法もおすすめです。

タンパク質は赤ちゃんの体を構成するためには必要不可欠です。
肉や卵などに代表される動物性のタンパク質と大豆製品などの植物性タンパク質をバランスよく補給してください。
一日の摂取量として手の平くらいの大きさを目安にすると良いでしょう。

鉄分も大事な栄養素で、妊娠中は貧血になりやすいため積極的に鉄分を補給したいものです。
レバーやあさり、えび、煮干しなどを積極的に食べるようにして体内に鉄分が不足しないようにしてください。
それでも貧血になってしまう場合には産婦人科の医師から鉄剤が処方されます。

カルシウムは赤ちゃんの骨や歯を形成するために必要です。
妊娠前と比べると更にカルシウムを補給しなければならないため、以前よりも積極的に補給したいものです。
しらす干しやチーズ、煮干しなどを積極的に食べるように心がけてください。

体は冷やさないように注意

妊娠中は体を冷やす食べ物を控え、体を温める食べ物を積極的に食べましょう。
お腹が冷えてしまうと血行が悪くなり、赤ちゃんへの栄養補給がままならない状況になるので十分注意してください。

体を効率良く温める働きがある生姜を上手に活かした料理を積極的に食べるのがおすすめです。
チューブ入りの生姜ではなく、できるだけ生の生姜をすりおろしたりして活用すると効率良く体を温めることができます。
料理以外にもお湯にすりおろした生姜を溶かして飲むだけでも体が温まります。

無精製の食材を活用する

妊娠中は甘いものが食べたくなるという方もいますが、妊娠中に糖分を過剰摂取するのは良くありません。
お米やパン、砂糖などは精製されたものを使用せずに、できるだけ無精製の食材を活用してください。
例えばお米なら白米ではなく玄米を食べるようにすると糖質オフでビタミンやミネラルをたっぷり補給できます。
糖分を完全に断つのは難しいので、このような工夫をするだけでも効率良く栄養補給ができます。

積極的に補給したい食材は色々ありますが、どれかの食材に偏らないようにバランスよく摂取することが大切です。