注意するべき母子感染症

妊婦健診でチェックをすることができる感染症

妊娠中は免疫力が低下してしまうことから、普段よりも病気にかかりやすく、また罹患をすると悪化しやすくなってしまいます。

妊娠中に母体が感染症にかかると、そのまま胎児にも感染してしまうこともあるため、妊婦健診では重篤な病気となっていないかをきちんと調べてもらいましょう。

特に母子感染の危険性がある病状としては「B型肝炎」「C型肝炎」「風疹」「トキソプラズマ」「成人T型細胞白血病」「B群溶連菌」等です。

これらは特定の時期を迎える前に妊婦健診によって菌のキャリアになっていないかを丁寧に調べ、必要に応じてワクチン接種や治療をしていきます。

「B型肝炎」「C型肝炎」「風疹」「トキソプラズマ」は妊娠12週までに一度は検査をしておくことが望ましく、「成人T型細胞白血病」は30週まで、「B群溶連菌」は20週頃までに1度、34週までにもう1度検査をしておくことが推奨されます。

特に重要なのが「B型肝炎」で、こちらは妊娠中にきちんと検査と治療をしなかったために成人になってもずっと感染が続いてしまうことがある危険な病気です。

現在では必ず妊婦健診でチェックする病気となっていますが、自分自身でも忘れずに検査を受けることを心がけてください。

知らずに感染することもある「性感染症」

母子感染の危険性がある病状としてもう一つ「性感染症」があります。
性感染症とは、主に性行為を介して感染が拡大するというところに特徴があり、ほとんどの場合で夫婦一緒に感染をしています。

妊婦に発症する性感染症で、最も割合が高いのが「クラミジア感染症」などの膣炎です。
膣炎はもともと本人がキャリアであったところ、何らかの原因によって症状に発展して起こるケースが大半です。

クラミジアは女性だけでなく男性にも感染をするため、夫婦一緒にきちんと検査を受けて治療を進めていかないと、妊娠期間中にピンポン感染が繰り返される可能性もあります。

またここ最近社会問題化しているのが若い世代の梅毒感染です。
梅毒は古い売春宿が各地にあった頃に大感染した代表的な性感染症ですが、現代ではむしろ商売人ではなく一般の人が特定の相手を持たないフリーセックスをするようになったことで感染が拡大しているという特徴があります。

同様に「性器ヘルペス」もここ近年増加傾向にある性感染症です。
妊娠16週までに妊婦が梅毒に感染すると、胎児が先天性梅毒症候群を発症してしまう危険があります。
性器ヘルペスは胎児に直接影響はないのですが、母体が不安定になり早産や流産を招きやすくなってしまいます。

性感染症の予防はコンドームの使用が最も確実で高い効果があるので、妊娠中のセックスでは必ず使用するようにしましょう。

妊娠中食べてはいけない食べもの

妊娠中はナマモノNGのウソ?ホント?

昔から妊娠中に注意すべき食べ物としてナマモノが言われてきました。
ナマモノとは、お刺身や生肉、生ハムやフレッシュチーズなど熱を加えずに食べるもの全般です。

まずなぜ妊娠中にナマモノがNGなのかということから説明をすると、それら食品には雑菌や寄生虫が潜んでいる可能性が高いからです。

普段健康な状態であればそれらを食べても消化の過程で自然に体外に排出をすることもできるのですが、妊娠中には母子ともに免疫力が低下をしてしまうため、早産や流産、または胎児の生育に悪影響が及んでしまうことがあります。

具体的には、ナチュラルチーズや未殺菌乳、生ハム、スモークサーモンといったものに含まれている恐れのあるのが「リステリア菌」、生肉(レアステーキ、レバ刺しなど)やユッケなどに含まれているのが「トキソプラズマ」という寄生虫です。

「リステリア菌」は食品の他に土壌や河川の水、家畜や魚介類、昆虫類などの自然界にありふれている菌で、人体に侵入をすると食中毒の原因になります。

もう一つの「トキソプラズマ」は家畜の肉や猫の糞などに潜んでいる単細胞生物の原虫で、人の目で識別をすることは不可能です。

人の体内に入ると特定の臓器の中に侵入していくという特徴があるため、胎内に入り込まれると胎児の脳や眼球を破壊してしまいます。

いずれも非常に重篤な症状を招いてしまう食品であるため、やはり妊娠中は極力ナマモノは食べないようにするのがよいでしょう。

他にも、妊娠中多く摂取することになる野菜についてもスーパーなどに売られている野菜がダメというわけではありませんが、可能であれば農薬が含まれていない野菜をお腹の中にいる胎児のためにも食べたいですね。少々割高になることもあるかもしれませんが、野菜が家に届く宅配サービスもあるため、重い荷物が持ちづらい妊婦さんにオススメしたいです。
らでぃっしゅぼーや – 有機野菜の宅配/通販

適切な食事管理をすることも大切

食生活が十分に整っていない戦後間もなくの頃には、妊婦はとにかくたくさん食べて栄養をつけることが推奨されていました。

しかし現代は食品が手軽に手に入るようになり、安価で高カロリーな食品もたくさん販売されるようになったことから、むしろ如何に食べすぎないようにして栄養を補給するかということの方が重要になっています。

妊娠中に体重が増えるのは当然ですが、それが限度を超えてしまうとかえって出産をつらいものにしてしまったり、産後に重篤な症状が残ってしまうことになるのです。

体重が増えすぎると妊娠高血圧症候群になったり、産道に脂肪がついて細くなってしまうことにより、難産や微弱陣痛といったことが起こります。

妊娠中にはまず塩分と脂分をできるだけセーブし、体重が増えすぎないようにしっかり管理していくことが大切です。

また妊娠前に激辛食品を多く食べてきたという人も、妊娠中も同じように食べてしまうと、弱った胃腸に強い刺激を受けて胃痛や下痢といった症状を起こしてしまうことがあります。

つわりが起こる頃から食の好みが大きく変わるという女性も多いことから、妊娠前と同じ感覚で食事をするというのは避けた方がよいでしょう。

つわりの症状って?

妊娠3ヶ月めに現れる大きな体調の変化

女性が妊娠をしたということを最初に自覚するのが「つわり」です。
つわりとは吐き気や倦怠感などを伴う体質の劇的な変化のことで、人により現れる症状や重さ・軽さが大きく異なります。

もう少し詳しく説明をすると、まずつわり症状が起こるのは妊娠の8~11週目くらいで、この時期になると受精卵は子宮の中で握りこぶし大くらいにまで成長します。

10週を超えると胎児に頭と胴体、手足がはっきり分かれてくるため、超音波で見ると小さいながらも人の形をしていることがわかるでしょう。

言うなればつわりが起こるということは、お腹の中にもう一人の「人」が存在するようになったということで、出産に向けて体質が激変していきます。

女性の体内に分泌される性ホルモンのバランスが大きく崩れることから気分がイライラしてしまったり、強い落ち込みを覚えたりするものです。

一般的な症状としては「体温が高くなる」「トイレが近くなる」「乳房が張る」「乳首が黒ずむ」「下腹部が張る」「腰が重く感じられる」といったものが挙げられるでしょう。

また子宮内の分泌物が急増することにより、おりものが多く出るようになってしまったりします。

他にも、人によって気分の悪さから食欲が減退してしまったり、常に眠気を感じるようになる、ニオイに敏感になる、口の中が荒れるといったようなことも起こります。

つわりの起こる3ヶ月めというのは体質が非常に不安定になりますので強い運動はできるだけ避け、転倒や衝撃を受けないように十分な注意が必要です。

つわりを乗り切るためのコツとは

つわりは人によってはかなりつらく、耐え難いほどの苦痛になることがあります。
よくあるのが吐き気の症状で、ちょっとニオイを嗅いだだけで吐き気を催したり、トイレから離れられないほどずっと吐き続けてしまうというようなこともあります。

また気分の上下の幅が大きくなるため、ちょっとしたことで夫や家族に当たってしまったり、その反動で強い落ち込みを感じたりするでしょう。

まず最初に頭に入れておいてもらいたいのは、そうした体調の変化は全て赤ちゃんが大きくなったことによる性ホルモンの分泌量の変化が原因であるということです。

つわりのため食事が十分にとれなくなると「赤ちゃんに十分栄養を与えられないのでは?」と不安になってしまいますが、妊娠初期には無理にたくさん食べなくてもきちんと赤ちゃんを育てることができます。

それよりもむしろ自分の体を大切にし、とりあえず体重管理や胎教など余計なことは考えず、食べられるときに食べられるものをしっかりと食べ、脱水症状を起こさないようしっかり水分をとるようにしましょう。

胃がムカムカして食べられないときには、消化がよく栄養価の高いさっぱりしたものを食べるようにしてください。

妊娠初期の運動について

JV032_72A

体を動かしても大丈夫?

妊娠初期はまだ胎盤もできあがっていない状態なので、妊婦さんは体を動かさない方が良いという認識を持っている方が多いです。
特に妊娠12週までの段階では流産に至るケースがとても多く、実際に流産した方の約8割が妊娠12週までだったと言われています。
ただし、流産に至った原因は運動をしていたからという理由ではなく、染色体異常など先天的な問題が関係している場合が多く、運動が直接的な原因になることは少ないと言われています。

妊娠初期の運動はOK?NG?

妊娠初期は運動をするべきではないとされているのは流産のリスクが高いと考えられるためですが、実際のところは運動が関係しているとは限らないケースが多いことがわかりました。
それなら運動をした方が出産に備えた体力作りのためにも良いのではないかという意見もあります。

運動不足になると子宮代謝が悪くなって胎盤がうまく形成できない場合があります。
そのため赤ちゃんの成長が著しく悪くなる可能性が高く、未発達のまま流産するリスクが高くなるのです。
運動を全くしないことも流産に繋がる可能性があるため、適度な運動を実践するのがおすすめです。

運動をすると妊娠初期に起こりがちな便秘の予防もできますし、気分が不安定になりがちな時も元気に過ごせるメリットがあります。
気分転換を兼ねて適度に体を動かすことが、結果的に元気な赤ちゃんを出産できると考えられます。

激しい運動はNG!

運動をした方が良いなら妊娠前と同様に激しい運動をしても良いのか?と疑問を持つ方もいますが、妊娠初期は子宮の状態も不安定ですし受精卵も安定していないため激しい運動は禁物です。
特に体を上下に動かすような運動は避けるべきで、筋トレや球技は止めてください。
また、自転車に乗るのも転倒の可能性とサドルからお腹に振動が伝わってくるため避けるべきです。

妊娠初期に最適な運動

無理無く体を動かせる運動法としておすすめできるのがウォーキングです。
自分のペースを守りながら無理無く体を動かせるので、妊娠初期の方にも安心できます。
体調を考えながらだいたい30分くらいを目安に歩くようにしてください。
あまり交通量の多い場所では危険なため、公園など風景を楽しみながら歩ける場所を選ぶと良いでしょう。

なお、ウォーキング中は適度に水分を補給しながら歩くように心がけましょう。
妊娠中は特に水分補給が重要ですが、ウォーキング中には汗と一緒に体内の水分が失われやすいので注意してください。

他にもゆっくりとした動きで実践できるマタニティ・ヨガや水の負荷を上手に活かしながら運動できるマタニティ・スイミングも体調が良ければ妊娠初期に行っても良いとされています。
心配な場合は医師に相談しながら実践してください。

妊婦さんの旅行について

健康状態が良好であることが条件に

赤ちゃんが生まれたら何かと忙しくなって思うように動けなくなるので、妊娠中に旅行を楽しみたいと考える方も多いですが、妊婦さんの旅行は注意しなければいけないことが多いです。
安定期に入って母子共に健康な状態であれば問題ないと思われますが、場合によっては妊娠中の旅行を断念した方が良い場合もあるので注意してください。

移動手段について

妊娠中の旅行で飛行機に搭乗する場合には体調の変化に十分注意しましょう。
妊娠をする前なら特に問題なかった方も、特に妊娠初期は気圧の変動などが原因で強い痛みや出血を伴う場合があります。
気分が悪くなって吐き気がひどくなる場合もありますので、気分がすぐれないという時には無理をせずに途中で旅行を断念するようにしてください。

お腹が大きくなった状態ではシートベルトが止まらない場合もありますので、必ず客室乗務員に伝えてベルトを延長してもらうようにしてください。
ベルトが締まらないから装着しないという考えではなく、安全を第一に考えるように心がけましょう。

温泉について

ゆっくり温泉旅行をしたいと考えている妊婦さんも多いですが、泉質によって妊婦さんは入っていけないと指示されている場合が多いです。
泉質は問題なくても足を滑らせて転倒する可能性や、細菌感染の可能性もあることからできるだけ露天風呂は避けてかけ流しの温泉を選ぶと良いでしょう。
サウナと水風呂へ交互に入るのも良くありませんし、温泉に長時間浸かり過ぎるのもNGです。
妊娠前の体とは変わっていることを自覚して温泉を利用しましょう。

最も安全な時期

妊娠の状態が特に問題のない健康的な妊婦さんであれば無理をしないように旅行をしても良いと言われていますが、最も安全な時期だと考えられるのが18週から24週くらいです。
特に避けるべきなのは妊娠初期で、無理をすると流産のリスクが高くなるので妊娠しているかわからないような時期は旅行を避けてください。
臨月近くになって旅行をするとお腹の張りがひどくなって早産になる可能性も高くなるので注意が必要です。
最も動きやすいと考えられる安定期に入ったらかかりつけの医師に相談をしてください。

安定期で医師からも旅行をしても良いとお墨付きをもらったからといって、長時間長距離に及ぶ旅行は避けた方が良いです。
例えば海外旅行をする場合は長時間飛行機に搭乗したままで移動しなければならないため、エコノミークラス症候群を発症するリスクが高くなり母子の健康状態に悪影響を及ぼします。
観光旅行のように何箇所も動きまわるような旅行ではなく、ゆっくりと時間を過ごせるような旅行を計画してください。

また、万が一に備えて健康保険証や母子健康手帳を持参するように心がけてください。

双子を妊娠した際の注意点

JV134_72A

妊娠中は更に注意が必要

赤ちゃんを妊娠して無事に出産することは非常に大変な負担がかかるものですが、赤ちゃんを二人同時に妊娠すると喜びも倍ですが、注意しなければいけないことも多くなります。
双子を妊娠した際の注意点として知っておきたいリスクを確認しましょう。

双子の妊娠はリスクが多い!

赤ちゃんを一人身ごもっただけでも臨月になるとかなりお腹が大きくなることから想像できるように、赤ちゃんを二人身ごもった場合にはかなり早い段階からお腹が大きくなってきます。
お腹が大きくなるということは、張りを感じやすいため早産のリスクが高くなります。
赤ちゃんはできるだけママのお腹の中にいた方がすくすく育つものですが、早産になるほど未熟な状態で生まれてくるため、内臓機能などが未完全なまま誕生するというリスクを抱えてしまうのです。
あまり無理をせずに過ごすようにして正産期を迎えるまで安静に過ごすように医師からも指示される場合もありますし、あまり張りがひどい場合には入院をして24時間張り止めの点滴が必要になる場合もあります。

早産のリスクはお腹の張りだけでなく、高血圧や貧血など通常の妊娠と比べて発生する可能性が高くなります。
定期的に妊婦健診を行ないますが、双子を妊娠しているママに対しては特に注意が必要になるため、健診結果次第で入院を勧められる場合もあります。

一卵性と二卵性でリスクが変わる

双子は一つの卵子と精子でできた一卵性と、二つの卵子と精子でできた二卵性の2つに分けることができます。
一卵性の場合は一絨毛膜・一羊膜という状態になる場合があり、赤ちゃんが同じ胎盤と羊膜を共有して育っているという状態のことです。
この場合は二人の赤ちゃんの間に壁が存在していないためへその緒が絡まったまま育つ可能性があります。
へその緒が絡んでしまうと正常な生育ができない可能性もあるため、しっかり経過観察を行なう必要があり、ママも安静に過ごすように指示されます。

一般的に一卵性の双子は一絨毛膜・二羊膜で生育しており、同じ胎盤を一緒に使っていても羊膜は異なるという特徴があります。
同じ胎盤でも栄養や血液が同じに流れるとは限らず、どちらか一方に成長が偏る場合もあります。

二卵性については二絨毛膜・二羊膜でそれぞれが別々にあるため、生育状態も一卵性より安定して成長するケースが多いとされていますが、多胎妊娠であることには違いないので注意して過ごさなければいけません。

出産方法

双子の出産は帝王切開を行なうことが多いとされていますが、安全性を考慮した結果経膣分娩にもなります。
帝王切開は危険を伴うとして恐れている方もいますが、医療機関では安全面を再優先して行われますので安心してください。

妊娠中に摂取しておきたい食べ物

赤ちゃんのためにしっかり栄養補給

元気な赤ちゃんを出産するためには、しっかり栄養補給をしなければいけません。
栄養バランスを考えた食生活を意識したいものですが、具体的にどのような食生活にするべきかを確認しておきましょう。

積極的に食べたい物

妊娠中に摂取しておきたい食べ物としておすすめなのが、葉酸を多く含む食材です。
葉酸は妊娠初期には特に必要とされる栄養素で、赤ちゃんの脳を発達させるために役立つ栄養素になります。
葉酸を多く含む食材としてはレバーや小松菜、ブロッコリー、アボカドなどがあります。
これらの食材を積極的に食べるだけでなく、サプリメントから補給する方法もおすすめです。

タンパク質は赤ちゃんの体を構成するためには必要不可欠です。
肉や卵などに代表される動物性のタンパク質と大豆製品などの植物性タンパク質をバランスよく補給してください。
一日の摂取量として手の平くらいの大きさを目安にすると良いでしょう。

鉄分も大事な栄養素で、妊娠中は貧血になりやすいため積極的に鉄分を補給したいものです。
レバーやあさり、えび、煮干しなどを積極的に食べるようにして体内に鉄分が不足しないようにしてください。
それでも貧血になってしまう場合には産婦人科の医師から鉄剤が処方されます。

カルシウムは赤ちゃんの骨や歯を形成するために必要です。
妊娠前と比べると更にカルシウムを補給しなければならないため、以前よりも積極的に補給したいものです。
しらす干しやチーズ、煮干しなどを積極的に食べるように心がけてください。

体は冷やさないように注意

妊娠中は体を冷やす食べ物を控え、体を温める食べ物を積極的に食べましょう。
お腹が冷えてしまうと血行が悪くなり、赤ちゃんへの栄養補給がままならない状況になるので十分注意してください。

体を効率良く温める働きがある生姜を上手に活かした料理を積極的に食べるのがおすすめです。
チューブ入りの生姜ではなく、できるだけ生の生姜をすりおろしたりして活用すると効率良く体を温めることができます。
料理以外にもお湯にすりおろした生姜を溶かして飲むだけでも体が温まります。

無精製の食材を活用する

妊娠中は甘いものが食べたくなるという方もいますが、妊娠中に糖分を過剰摂取するのは良くありません。
お米やパン、砂糖などは精製されたものを使用せずに、できるだけ無精製の食材を活用してください。
例えばお米なら白米ではなく玄米を食べるようにすると糖質オフでビタミンやミネラルをたっぷり補給できます。
糖分を完全に断つのは難しいので、このような工夫をするだけでも効率良く栄養補給ができます。

積極的に補給したい食材は色々ありますが、どれかの食材に偏らないようにバランスよく摂取することが大切です。

妊娠中にシミやそばかすができた時の対処方法

KE006_72Aqwe

妊娠中もキレイでいたい!

今まではキレイな肌だったのに、妊娠した途端にシミやそばかすができてブサイクになってしまった!と焦りを感じている方も多いですが、妊娠中にシミやそばかすができた時の対処法を知っておくと安心できます。
妊娠中でもキレイな女性であり続けるための方法を知っておくと焦らずにプレママライフを満喫できます。

妊娠中にシミができる理由

シミやそばかすができる原因は、肌内部に存在しているメラニンという色素が大きな影響を与えています。
肌を構成している表皮という部分に存在するメラノサイトが「何か」の原因で刺激を受けることでメラニンを生成するように司令を出すため、シミができるという仕組みになっています。

メラニン色素を発生させる原因になるメラノサイトに影響する「何か」とは、一般的には紫外線が有名です。
屋外で長時間過ごしている時に紫外線の影響を受けてシミができやすくなるという話はとても有名なので、しっかりUVケアすることが重要だと言われています。
この他にもニキビや虫刺されなどによる皮膚の炎症やストレスや喫煙などによって発生する活性酸素が影響している場合もあります。

妊娠中はこれらの原因に心当たりがないのにシミができるというケースも多いです。
実は、妊娠中に体内で起こる異変がシミをできやすくする原因になるとも言われています。
その原因がホルモンで、女性ホルモンが活発に分泌されることでメラノサイトに刺激を与えてしまい、メラニン色素を生む原因になります。
妊娠中に発生するシミは妊娠性肝斑と呼ばれています。

あまり心配する必要はない?

妊娠中に発生する妊娠性肝斑は、ホルモンバランスが変わることで起こる症状なので過剰に心配する必要はないと言われています。
出産後にホルモンバランスが少しずつ妊娠前の状態に戻ってくると、自然にシミが薄くなってくると言われています。

しかし、きちんとスキンケアを続けていなければ消えやすいと言われている妊娠性肝斑でもそのまま残ってしまう可能性が高いです。
特に外出時にはしっかりUVケアをしていなければ妊娠性肝斑が濃いシミになって残ってしまう可能性が高くなります。

外出時には紫外線カット機能がある日焼け止めクリームを塗って、帽子や日傘などを使用して極力紫外線の影響を受けないようにしてください。
帰宅後はメイクをしっかり落として保湿ケアを行いましょう。
適度な潤いを維持できていれば紫外線によるダメージを受けても回復しやすいものですが、潤いが失われて乾燥すると更にダメージを受けてシミができやすくなる原因になります。

既に出来たシミを薄くするためにはハイドロキノンなどの美白作用をもたらす化粧品を使用したり、ビタミンCを多く含む食品を摂取するようにするのが効果的です。

妊娠中の不安を解消するには

何かと不安になることも

かわいい赤ちゃんに会えるという楽しみがあるはずなのに、何かわからないけど不安を感じてしまうと訴えるプレママも多いです。
本当なら幸せな日々を送っているはずなのに、毎日気分が落ち込んだ状態で過ごしているのが辛いと感じている方はどうしたら良いものかと思い悩んでいるはずです。
妊娠中に気持ちが不安定になるケースは決して珍しい話ではありません。
妊娠中の不安を解消するにはどうしたら良いのか考えてみましょう。

不安を感じる理由

かわいい赤ちゃんに会えるという嬉しさがある反面で、本当に子育てができるのだろうか、しばらく仕事ができなくなるので経済的に厳しい状況にならないだろうか…と不安を感じる要素がたくさんあるのもわかります。
しかし、このような不安要素が無くてもわけもわからずに不安を感じてしまうという方も多いですが、実はホルモンバランスが大きく関係しているのです。

ホルモンは実際に目で見て確認できるものではありませんが、心身の健康を維持するために大きな影響を与えている存在です。
妊娠中は通常時と比べてホルモンバランスに大きな変化が生じるため、心と体のバランスがついていかずに心身が不安定になる人も多いです。
このような状態をマタニティブルーといいます。

不安=ストレスは赤ちゃんに良くない

何か不安を感じるほどどんどんストレスを溜め込んでしまうことになりますが、ストレスを溜め込むほど赤ちゃんの成長にも影響を与えるため注意が必要です。
ストレスを感じる時に血管を収縮させる働きがあるため、赤ちゃんを守っている子宮まで収縮させる可能性があります。
更に赤ちゃんに栄養や酸素を送り届けることが難しくなって発育にも悪影響を及ぼすのです。
不安を感じる要素は色々ありますが、少しでも不安を和らげる方法を実践して解消できるように工夫してください。

不安を解消する具体策

ストレス解消法は色々ありますが、不安感を吐き出すことはとても簡単なストレス解消法と言えます。
プレママ友達、または先輩ママ友がいれば積極的に不安に思っていることを相談してください。
信頼できる人なら的確なアドバイスをしてくれますし、直接解決には繋がらなくても不安に感じていることを共感してもらえるだけでホッとするものです。

また、自分と身近な存在である家族にも相談して話を聞いてもらったり、各自治体の保健師などに相談をするのも良いでしょう。
不安に感じていることを一人で思い悩むのが一番良くないことなので、とにかく話を聞いてもらうことを第一に考えてください。

妊娠中はあまり体を動かすのは良くないと思われがちですが、安定期に入ったら少しずつ無理をしない程度に体を動かすとストレス解消ができます。
マタニティ・ヨガやウォーキングなどを少しずつ開始してみましょう。