産後うつの症状と予防方法

HG084_72A22qqq2222

気持ちに変化が生じることも

可愛い赤ちゃんを無事に出産できて幸せな生活を送っているはずなのに、今の自分の気持ちは不安ばかりで素直に子育てを楽しめていない…という話は珍しいことではありません。
慣れない子育てではおむつ替えの連続、何をやっても泣き止まない、夜もぐっすり眠れないという日々を繰り返し、先が見えないと感じられるようになります。
ちょっとしたことで気分が落ち込んでしまったり、イライラして周りの人に当たり散らしてしまうようなことが多くなってきたら疑われるのが産後うつという症状です。
産後うつの症状と予防方法を知り、早めに正しい対策を実践しましょう。

参考:産後うつの症状チェック。原因と対策は?いつからいつまで?

症状と原因

出産前は特に問題がなかったのに、出産後にうつの症状が現れると産後うつと判断できます。
育児に対して大きなプレッシャーを感じて、心から相談できる相手が近くに存在していないため一人で悩みを抱え込んでしまうことから、更に症状を悪化させる方もいます。
産後うつの症状を引き起こしやすいのは元々真面目な性格の方で、とにかく家事も育児も完璧にこなさなければいけないと思い込むほど、うつを発症しやすいと言われています。

なぜ妊娠中は特に問題がなかったのに出産後にうつの症状が見られるのかという原因は、妊娠する前の体に戻ろうとしている段階でホルモンの状態に変化が生まれてくるからだと考えられます。
妊娠中もマタニティブルーとして心が不安定な状態になる方もいますが、産後うつも同様でホルモンの分泌量が大きく変わることで心身にも悪影響をもたらすのです。
ただでさえ不安定な状態なのに追い打ちをかけて慣れない育児が加わるため、更にイライラや不安感が募ってうつ症状を引き起こすのです。

予防法と解消法

産後うつに陥らないためには、育児や家事に完璧さを求めないことです。
例えば子どもが泣いたらおむつなのか、お腹が空いたのか、どこか痛いところがないのか…など気になって仕方がなく、落ち着いて毎日を過ごせないという方は産後うつになりやすいので注意が必要です。
何でも完璧にこなそうと思うほどプレッシャーを感じて大変な思いをするので、ある程度手抜きをしても良い部分はほどほどに取り組むようにしてください。
家事をしている時に子どもが泣いていたら、家事はいつでもできるし後回しでも大丈夫!と大らかに考えると良いでしょう。

また、適度に疲れを取ることが大事なので、子どもが寝ている時には一緒に眠って疲れを取る習慣を実践してください。
子どもが寝ている間に家事をしなければ…と思い込むのはNGです。

実際に産後うつを発症したという場合には、速やかに精神科や心療内科のある病院を診察して適切な治療を受けてください。
場合によっては話を聞いてもらうだけでも解決するものです。
早めに適切な対処を取るように心がけてください。

出産後に抜け毛が多くなるのは何故?改善方法は?

気にし過ぎは良くありません!

出産後に多く聞かれるのが抜け毛の悩みです。
お風呂に入るたびに排水口が黒くなるくらい髪の毛が抜けてしまうので、このまま髪の毛が無くなってしまうのではないかと思えるほど抜けてしまうという方も多く、人知れず不安を感じている方も多いです。
実は出産後に髪の毛が抜けてしまうのは決して珍しいケースではなく、むしろ多くの女性が経験することです。
出産後の抜け毛が多くなるのは何故なのか、その改善方法について確認してみましょう。

体調の変化の一つ

妊娠をしてから出産するまでの間は体に大きな変化がもたらされる時期です。
子どもを産み育てることは非常に大きな責任を伴うものですが、ママの体にとっても大きな負担を強いることになります。
ママの体調に変化が生じていることは見た目だけではわかりにくいものですが、体の中では大きな変化が生じているのです。

特に産後に抜け毛が増えるという現象はホルモンのバランスが崩れていることが原因だと考えられます。
妊娠中は赤ちゃんをしっかり守って健康的に育てるために必要なホルモンが分泌されており、妊娠をしていない時期とは異なる分泌量のまま維持されています。
出産を終えると女性ホルモンの分泌量も次第に落ち着いてくるため、正常なホルモンバランスに戻ります。
実はこの分泌量が変わることで抜け毛を生じさせる原因になると考えられます。

妊娠中にどんどん分泌されているホルモンについては、髪の毛の成長を促し健康的な髪の毛を維持しようとする働きがあるので、活発に分泌されている間は髪の毛が生え続けています。
髪の毛は一定期間の周期で抜けては生え変わって新しい髪の毛になるというサイクルが存在しているため、健康な人でも一日に100本くらいは抜けていると言われていますが妊娠中はホルモンの影響で抜け毛がほとんどなくなります。
しかし出産を終えて活発に分泌され続けていた量が減ってくると、髪の毛を維持する働きが薄れてくるため、妊娠中に抜けるはずだった髪の毛が一気に抜け落ちてしまうと考えられます。

他にも慣れない子育てでストレスが溜まりやすくなっていること、体型を戻すために無理なダイエットに取り組んでいることなども複合的に絡んでいる可能性があります。

改善方法

出産後の抜け毛は誰にでも起こり得るものであり、まとまって抜け毛が増えると不安を感じるのも理解できますが、あくまでも一過性の症状なので過剰に心配し過ぎないでください。
子育て中はできる限り正しい生活習慣を心がけて、ストレスを溜め込まない健康的な生活を目指してください。
また、出産を終えると急激に減少する女性ホルモンと似た作用をもたらすとされる大豆イソフラボンを積極的に補給することもおすすめです。

産後ママの肌トラブルのお話

HT106_72A

以前と肌の調子が違うと感じやすいもの

出産を終えると妊娠前の体とは何かが違うと感じることが多くなるものですが、その中の一つとして多くの方が訴えるのは肌トラブルが多くなるという点です。
今までは肌トラブル知らずの健康的な素肌の持ち主だった人が、出産後は肌荒れがひどくて周囲からも心配される人も少なくありません。
産後ママの肌トラブルの話は尽きないほど存在していますが、その中でも特に多いトラブル事例をご紹介します。

化粧品が合わなくなった

今までずっと同じ化粧品を使っていたのに、出産後は突然肌に合わなくなったという事例が多く報告されています。
長期間使っていたのに問題がなかったということは、その人の肌質に合っていたのだと考えられますが、妊娠中にホルモンバランスの乱れが生じたため肌が敏感肌へと移行した可能性があります。
特に肌が乾燥しているわけではなく、むしろ皮脂が多いと感じられるという方は、肌内部では水分が極端に失われている隠れ乾燥肌の可能性もあります。

出産後は徐々にホルモンの状態も正常に戻ってくるものですが、すぐに元通りの体に戻らないため肌の状態も乱れがちになっています。
肌の調子が良くないなと感じる時にはとにかく保湿ケアを徹底してください。
皮脂が多いと感じられる場合でもしっかり保湿ケアを実践していれば適度な潤いを維持できるので、肌の調子を整えることができます。
間違ってはいけないのが、余分な皮脂を取り除かなければいけないと洗浄力が強い洗顔料を使用して一日に何度も洗顔を行なうようなスキンケアは行わないでください。

妊娠中にできたシミが消えない

ホルモンバランスの乱れによってシミが生じやすくなることも妊娠中の女性に多く見られる症状ですが、しっかり紫外線対策を行っていなければ出産後もなかなかシミが消えにくいものです。
きちんと紫外線対策を行っておけば出産後2ヶ月くらいで妊娠中にできたシミが消えていくものですが、なかなか消えないという場合は紫外線の影響により頑固なシミに変わってしまったと考えられます。
この場合は美白作用をもたらす成分が含まれた基礎化粧品を使用して地道なケアを続けたり、新陳代謝を促すために保湿ケアやしっかり睡眠時間を確保するように心がけてください。

湿疹が増える

肌の湿疹が増えたりかゆみを引き起こすなどの肌トラブルを抱える方もいますが、これは出産後に大きなストレスを感じたり睡眠不足や疲労が蓄積していることが原因になっていると考えられます。
慣れない育児に苦労も絶えないと思いますが、周囲の人に協力してもらいながらゆったりと気持ちに余裕を持って育児ができる環境を整えてください。
湿疹ができる原因を少しずつ解消できれば、肌トラブルのない素肌を目指すことができます。

産後のたるんだお腹、どうやって戻せばいい?

体型戻しを意識しましょう!

妊娠中は赤ちゃんの成長とともにどんどんお腹が大きくなってくるので、一体どこまでお腹が膨れてしまうのだろう、出産後はきちんと元通りのお腹に戻るのだろうか…などと不安を感じていた方も多いはずです。
無事に出産を終え、お腹が急に引っ込んだような気がしても、赤ちゃんを守っていたお腹は伸びきってたるみが生じてしまうものです。
産後のたるんだお腹をどうやって戻せばいいのかという疑問を解決しましょう。

産褥期が重要

出産を終えた直後から妊娠前の体に戻るまでの期間を産褥(さんじょく)期といいます。
一見するとお腹の赤ちゃんが生まれてきてくれた分だけお腹が引っ込んだように感じられますが、実際のところはすぐに元通りの体に戻ったわけではありません。
出産を終えてから6~8週かけて元通りの体になりますが、この期間が産褥期に該当するのです。

産褥期の中でも出産直後から4週間前後は、大きくなっていた子宮が少しずつ小さくなっていく期間で、鶏の卵くらいに戻ります。
出産という大仕事を終えたママの体力も回復させながら無理なくお腹のたるみを引き締める努力が必要になります。

産褥体操

産褥期に元通りの体に戻そうとして過酷なダイエットに挑戦するのはやめてください。
この期間でしっかり体を休めておかなければ後で体力の低下を招く原因にもなるので、絶対に無茶なダイエットを行わないようにしてください。

産褥期におすすめなのが産褥体操と呼ばれる軽い運動です。
複式と胸式の呼吸法をバランス良く取り入れた体操ですが、横になったままで行なうものなので無理無く実践できる方法です。
こんな運動量でも意味があるのか?と思われますが、血液の巡りが良くなって骨盤底筋の回復などをサポートする役割もあります。

産褥体操のやり方については出産をした病院でも指導してもらえます。
やり方がよくわからないという方は産褥体操について積極的に質問をすると、助産師などから丁寧に指導してもらえます。

骨盤ベルト

少しずつ体力が戻ってきたら骨盤ベルトでしっかりお腹を引き締めます。
ベルトを締める際に気をつけなければいけないのが、お腹を締めるのではなく骨盤を締めるという点です。
骨盤ベルトはあくまでも骨盤を引き締めるためのアイテムで、ウエストを引き締めるものではないと考えてください。
出産で緩んでしまった骨盤を引き締めることで結果的には血流が良くなってたるみを改善しやすい状況になります。

徐々に運動量を増やす

産後は悪露の量が多いことに驚くかもしれませんが、少しずつ量が落ち着いてきたらお腹を引き締める運動を実践しましょう。
ストレッチなど軽い運動量から始めて、できるだけ早く元通りの体になるように目指してください。

出産内祝いにおすすめのギフト

HW174_72A

感謝の気持ちを込めてお返しを

出産祝いを頂いた方に対してお返しを贈ることを出産内祝いと言います。
実際に自分が出産祝いを頂いた側の時にどのような品物を出産内祝いとしてお返しするべきかと考えている方へおすすめしたい、出産内祝いにおすすめのギフトをご紹介します。

商品券やギフトカード

出産内祝いを受け取る側として人気が高い品物の一つが商品券やギフトカードです。
人気が高い理由としては、あまり嬉しくないような品物を受け取るよりも、実用性の高い商品券やギフトカードをもらって自分が好きなものを購入した方が良いという意見が多いです。
お返しをする側としても、あれこれと頭を悩ませるよりも商品券やギフトカードにした方が一番喜んでもらえるのではないかと考えて選ぶ方が多いです。

お返しとして最適な品物だといえますが、使える場所が限られているような商品券やギフトカードを選ばないようにしてください。
できるだけ色々な場所で使える汎用性の高いものを選びましょう。

カタログギフト

様々な商品群から好きなものを選択できるカタログギフトも人気が高いです。
お返しを受け取った方が好きな商品を選べるという楽しみもありますし、お返しをくれた人の趣味や嗜好で選んだような品物を受け取っても使いみちがないとか、あまり嬉しくないという意見が多いため、カタログギフトが最も嬉しいと考える人がたくさん存在しています。

カタログギフトの仕組みは、お返しをする方は予算に応じたカタログを選んで出産内祝いをくれた方に贈るだけです。
受け取った方はカタログに存在している豊富な商品から好きなものを一つ選択し、付属しているハガキに必要事項を記入して申し込みをするだけです。
数日後、直接商品がお返しを受け取った方のご自宅に届けられます。
このカタログギフトショップは予算に応じて選択できるようになっているので便利です。

参考:出産内祝いギフト | カタログギフトのマイプレシャス

日用品

毎日の生活で必需品となる日用品関係も出産内祝いのお返しで人気があります。
フェイスタオルやバスタオルなどはいくつあっても使いみちはたくさんありますので、出産内祝いのお返しとしていただくと嬉しいと感じるものです。
自分ではあまり購入することがないような高級品を贈ると喜んでもらえます。

食器や小物類も出産内祝いによく選ばれていますが、相手の家族構成などを考えなければ逆に迷惑がられてしまう場合も少なくありません。
既に買い揃えているような食器を渡しても邪魔に感じられる可能性があります。
できるだけ汎用性の高い食器や小物類を選ぶように考えてください。

無難なお返しものの代表格と考えられるのは洗剤類ですが、人によってはいつも使用している洗剤以外は使わないとこだわりを持っている方も多いです。
洗剤類については喜ばれる場合とそうではない場合があると覚えておきましょう。